パーソナルトレーナー@norifit

トレーニング、スポーツ、運動、健康、栄養等パーソナルトレーナーに絡む事を発信します。が無理矢理絡めて全く関係ないネタもあるかもしれません笑

かなり効くのに不人気種目?ダンベルベントオーバーロウ


スポンサードリンク

 

かなり効くのに不人気種目?ダンベルベントオーバーロウ

フリーウエイトでのプル系(引く動作)での背中系種目といえば何が思い浮かぶでしょうか?

バーベルでのベントオーバーロウ

ダンベルで片手で行うワンハンドロウ

が有名かと思います。

でもダンベルで両手で行うダンベルベントオーバーロウは意外と行う人が少ないように思います。

メリットもたくさんある種目なのでご紹介したいと思います。

 

 

メリット

①バーベルより深く引ける

ベントオーバーロウは主に僧帽筋、広背筋や大円筋などを鍛えられる種目ですがバーベルで行う場合シャフトがお腹のところで当たるところまでしか引けません。

ダンベルならバーベル以上に深く引けるのでしっかり筋肉に刺激を与えることが出来ます。

②効かせたい部位を狙いやすい

バーベルはシャフトを持ったら手首を自由に動かすことは出来ません。リバースで持つという選択もありますがいずれにしても動かす角度は限定されます。

その点ダンベルであれば手首が自由に動かせるので引く角度も自由に選べ効かせたい部位にピンポイントで狙うことが出来ます。

③肩の痛みなどにも対応しやすい

引く角度によっては肩に痛み、違和感を感じるという場合にもダンベルなら自由な角度を作れるので無理なくトレーニングに励めます。

④脊柱起立筋の筋トレにもなる

これはワンハンドロウとの比較になりますが片膝をベンチにつき(つかないやり方もあります)片手もベンチにつき行うワンハンドロウは肩甲骨、肩関節をより深く引き付けられるメリットはありますが、片手で支えている為、脊柱起立筋の強化にはあまりなりません。

ダンベルベントオーバーロウは僧帽筋、広背筋を中心に鍛えながらも上半身が崩れないように姿勢をキープする為脊柱起立筋の筋トレにもなります。

 

デッドリフトは?

ちょっと逸れますがフリーウエイトでの背中系種目といえば勿論デッドリフトもあります。

デッドリフトは背中の中でも脊柱起立筋を主体に鍛えられます。

僧帽筋、広背筋にも効きますがベントオーバーロウやワンハンドロウに比べると補助的な効きになるかと思います。

その他大殿筋(お尻)、ハムストリングス(太もも裏)、大腿四頭筋(太もも前)等全身に効く種目です。

 

動画で説明・・動画で内容や行い方を説明しております 


www.youtube.com

まとめ

ダンベルベントオーバーロウ

  • 僧帽筋、広背筋に効く
  • 深く引くことが出来る
  • 動きの自由度が高い
  • 脊柱起立筋の筋トレにもなる

バーベルでのベントオーバーロウ

  • 僧帽筋、広背筋に効く
  • お腹までしか引けない
  • 動きの自由度が低い
  • 脊柱起立筋の筋トレにもなる

ダンベルワンハンドロウ

  • 僧帽筋、広背筋に効く
  • 最も深く引くことが出来る
  • 動きの自由度が高い
  • 脊柱起立筋の筋トレにはならない

 

パーソナルトレーニング承ります

こちらのロゴをクリック